FC2ブログ

星が舞う空~甘さ控えめいぷる~

すべてのメイプルプレイヤーに捧げる愛と冒険のブログです(ぇ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

週末は

梅雨入りになりましたね

おそらくこのシーズンを嫌う人も多いのではないでしょうか

実際、私もその一人です(;゚Д゚)アラマァ

朝起きたら・・・

「えぇ~また雨かよ」と朝からやる気ダウンしたり

「傘めちゃめちゃ邪魔なんですけど・・・」、うん、すごく邪魔だと思う

てるてるぼうずを飾りたくなりますね

雨を無効化できたらいいけど、実際のとこ無効果ですよね(そして寒いwww

今日は週末w一週間で一番楽しい日ですね☆

俺の場合は掃除機かけたり、布団干したりして

部屋がきれいになっていくのが楽しいですw

最近プライベートの遊びが多くて、朝帰りなんてしょっちゅうだから

こういうおちつける日が大事かなぁ?

みなさんもこの季節は忙しいでしょうけど

無理のないように、マイペースでいきましょう!

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:42 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

              背中の上にあるボタン

 竹慧の目はキラっと光った、彼女はその銀灰色の上着に目をつけた。
 一宗は瞬時的に竹慧さんの一瞬の歓喜をとらえた。一宗は「これが好きなの?」と聞いた。竹慧はうなずいたが、「ボタンを見てよ」といった。
 一宗は「ボタンがどうしたの?」というと
「ボタンが背中のとこにあるの。」
確かに、この服の特別なとこ、それはボタンを付けるとこが背中にあることだ。
竹慧はうるうるした目を光らせた、こんなボタンじゃ、私一人ではつけることができないわ。
一宗は笑う、君は本当にそれが好き?と言う。
竹慧さんはもう一度うなずく。
じゃ買おう!俺は君のために毎日ボタンをつけたり、解いたりしてあげよう。
そうして、竹慧はこの流行りの服を着て、一宗と一緒に結婚証明書を受け取りに行った。
竹慧は本当に幸せそうだ、毎日朝、彼女はかわいく背中を向けると、一宗はまるで意味を感じ得たかのように来て、下から上まで、ひとつ、二つ、三つと最後までボタンをつける。夜になると、一宗がボタンを解く順番は上から下と。時々、竹慧はわざと一宗の身に寄せて、一宗は両手を広げて、竹慧を胸に抱きしめる、竹慧は目を閉じ、両手を羽のように広げて、まるでタイタニック号の上に立っているかのようだ。
竹慧は自慢げにもしている、仲間たちが彼女の服を見る目線は、彼女にとってはとても気持ちのいいものだった、仲間たちはさらにほめの言葉を連発し、「竹慧って本当に幸せものね、こんなに愛妻家な夫がいて。」
 だから、竹慧は心からますますこの服が好きになった、このボタンが背中にある服を。竹慧はいつもそれを着て、それを着てる過程では一度も自分からボタンを付けたり解いたりすることを考えたことがなかった。日々はボタンを解いたりつけたりしてるうちに過ぎていき、竹慧はママになった。
ママになった竹慧はもっとあの服が好きになった。
しかし一宗はこの仕事に対して、少しずつ嫌気をさしていった、男は結婚すると、やることが多くなり、飲み会も多い。あるとき、一宗は居酒屋のテーブルの上で鋒正建のことを話していた、ポケットベールやらケータイやらが鳴きはじめ、竹慧は一宗にボタンを解けないと訴える。一宗は笑った、何回か笑ったあとに笑うのをやめた、一宗はイライラした呆れを感じ。一宗はいう、あの服なあんなに長い年月を着てきたから、そろそろ着るのをやめよう。
竹慧は理解ができないという視線で一宗を見て。
竹慧はいう「(ボタンをつけることが)いやになったの?」
一宗は気まずく笑い、「違うよ、おれが嫌がるわけないじゃん」と返した。

| 1 | 2008/06/10 18:23 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://280603.blog29.fc2.com/tb.php/231-14ff5e4b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。